社会不適強者

ゴキブリより黒いブラック企業に入社したら死神が見えた

最後の出勤

3月31日、新卒で入った会社での最後の出勤を終えた。

 

まだ退職から1週間も経っていないが、本当に「何もしなくていい1日」の幸せを噛みしめている。

 

就職して以来手をつけていなかった漫画を読んだり、

久しぶりに古着屋を巡ったり、

プロ野球の結果に一喜一憂したり、

深夜までくだらない映画を観て一人笑いをしたり。

 

やっと「生きている」ということを実感している。

 

家と職場との往復、

休日も仕事のことで頭が一杯だった日々、

 

あの頃は「生きている」と言われても何の実感もなかった。

 

先のことは何も決まっておらず収入がゼロなのも不安だが

しばらくは束の間のモラトリアムで英気を養いたいと思う。

 

 

もう辞めた以上は部外者みたいなもんなので、

「社名以外なら言いたい放題言える」という今の状況に内心ワクワクしているような今の心境。

落ち着いたらyoutubeにでも載せて華麗なる復讐劇を果たそうと思う。

 

 

とにかく、

ブラック企業は最後までブラック企業だった。

 

 

最後の出勤日、俺は一応「社会人としての常識」を気にして

1年間散々な目に遭わせてきた職場の人間達に挨拶回りをした。

 

来月から収入ゼロという状況、百貨店で1万円ほどで買った菓子折りを手に、

役職の高い者から先に回っていく。

 

この1年間ずっとそうだったが、上司のデスクに向かうのは本当に恐い。

たとえミスを犯した場合でなくとも、自然と足がすくんでくる。

 

脳内ではルビサファの「戦闘!してんのう」が流れている。

恐れながらも、俺は上司に声をかけた。

 

「今までお世話になりました。これ、つまらないものですが…」

 

俺がそう言い終わらない内に、上司は無言で菓子をヒョイと取った。

 

『ところでさぁ、』

 

上司は菓子の袋を開けながら口を開いた。

 

『来年度の定例会議の資料やけど、何個か項目増やしたいから早速作って』

そう言って殴り書きで書かれたメモを渡された。

資料に加えたい項目内容のようだ。

 

「はい...お世話になりました。すぐ取り掛かります」

 

仕事を振られてしまった。

とりあえずメモを自分のデスクに置き、挨拶回りを続けた。

 

やはり年度末は忙しく、まともに受け取ってくれる上司はいなかった。

 

『ん。』とだけ言ってこちらを見ることもなく受け取る者、

『やっすい菓子やのー』と文句を言いながら受け取る者。

 

まぁこれはこれでありがたかった。

最後の最後で優しさを見せられては、裏切られたような気分になる。

 

いくつか菓子が余ったので、派遣の事務社員にも渡すことにした。

 

ブラック企業特有なのかは知らないが、非正規社員相手の方が話しやすいのはよくあることだと思う。

 

『こんなとこ辞めて正解やと思うよ。次の所でも頑張って』

『まともな子ほど早いねん、ここは。君やったらどこでも通用するわ』

 

建前であっても暖かい言葉は嬉しい。

ただやはり、皆本当にこういうのは「慣れてる」んだなと感じた。

 

過去5年間での新卒離職率100%。

同期もすでに4人辞めている。

聞けば自分の前任だった新卒はノイローゼで退職したという。

 

「まともな子ほど早いねん」という言葉を必死に脳内で何度も再生しながら、

俺はデスクに戻った。

 

 

上司に渡されたメモを改めて見る。

パっと見ただけで、恐らく1日で終わるような量ではないと確信する。

しかし今日は最後の出勤日。

つまり何としても今日中に済ませなければならない。

 

本当は他の事務所の社員にも落ち着いて挨拶をするべきだと思ったが、

俺は振られた仕事を優先することにした。

 

 

たとえ最終出勤日であったとしても、新入社員であることには変わりはない。

当然、日々こなしてきた「新人がやるべき」とされる業務も並行される。

 

お昼のお茶出し、訪問営業の対応、現場の責任管理。

 

時間と雑務と戦いながら必死に資料を作成していく。

上司からのメモには「社内のトイレ環境改善」に関する項目まであり、

各階のトイレの間取りと設備、清掃員の作業工程、

その時点での臭いまで記録してまとめるよう指示されていた。

 

「今日で辞める会社のトイレの臭い」まで調べないといけないのか、と。

 

在籍している以上はどんな仕事を全うするだけ。

そう自分に言い聞かせて俺は全12フロアのトイレを走り回った。

(女子トイレは清掃のおばちゃんに依頼した)

 

一体何をしているんだろう、

これをすることで何になるんだろう、

トイレの臭いを記録している最中、そんな思いが常に頭を支配していた。

 

「今日で最後やから」。

そう声に出しながら、ひたすら記録を続けた。

 

 

トイレ項目のデータ収集を済ませ、事務所へ戻り資料作成を続けた。

まだ着手していない項目もあった為、手汗が止まらなかった。

 

 

時刻は午後15時。

本来の定時であれば後3時間で解放される。

残っている作業量でいくと、どうやら最終日も残業のようだ。

 

 

(ビーーッ!!ビーーッ!)

 

お局のデスク横に置いてある加湿器が水補充のアラームを鳴らした。

水10リットルを消費する大型の加湿器である。

 

『うわ~。鳴ってもうた』

 

お局が補充用のタンクを取り出しながら、わざわざ俺に届くような大声で言う。

 

こういう時は決まって新入社員が補充に行かされるのだ。

もちろんこの日も例外ではない。

 

普段であれば「あ、自分が行きますよ」と声をかけ

お局がこちらも見ずに『ほんま?助かるわ~』と言うやり取りが定期化しているが、

もうこの日は何も言う気になれなかった。

 

無言で補充タンクを受け取る。

お局も『ほい』とだけ言い、手渡す。

 

10リットルの水を入れるのだから、それなりに時間がかかる。

(しかも結構重い...)

 

給湯室の蛇口を捻り、タンクに溜まっていく水を見つめる。

お局が個人で購入したという大型の加湿器。

自分のデスクまで届いているのかも不明な蒸気を出す加湿器。

 

「今日で最後やから」。

そう声に出し、無言で水を入れ続けた。

 

 

時刻は18時。定時だ。

本来であればここで「それではお世話になりましたクソミジンコ野郎ども」と

捨て台詞を吐いて解放されるはずだが、案の定作業は終わっていない。

俺は黙って作業を続けた。

 

とうとうこの1年間、定時丁度で帰れた日はなかった。

 

今日で退職する俺を横目に、

仕事を終えた上司達が次々と帰っていく。

 

『ほな〇〇君元気でな~。資料は済んだら机に置いといて』

 

俺に仕事を振った上司が先に帰った。

もう何も言うまい。

 

 

俺が資料を作り終えたのは定時から3時間後だった。

もちろん(もちろんじゃないが)、残業代は出ない。

 

「はぁ。」

 

大きなため息が出てしまった。

 

周りを見渡すとまだ残業している者も何人かいた。

 

ゆっくりと帰宅の準備を済ませ、

残っている社員に挨拶をし、事務所を出てエレベーターに乗った。

 

エレベーターの壁には「4/1 入社式」と書かれたポスターが貼られている。

「...かわいそうに」と思わず声が出た。

 

可哀そうに。

 

これが俺が会社で口にした最後の言葉となった。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで、こんな感じで解放されました。

 

とにかく今は時間がたっぷりあるので

退職迷っている方の愚痴を聞いたり、就活生の相談も受けたりしています。

僕から言えるのは、

1年目で辞めたいと思うなら間違いなくいずれ辞めるので

手遅れにならない内に辞めたほうがいい

ということです。

 

よく退職を「逃げ」だとお考えの方がおられますが、

退職は「未来への投資」です。

 

現状のクソ会社を抜けて、

「別の会社で幸せに働く」なり「不労所得の道に進む」なり、

新しい自分の生き方を掴むための投資だと考えて下さい。

 

もし本気で「再就職したくない」、「働くぐらいなら死んでやる」という方がいましたら、一緒に無職村について考えませんか。

 

まとまりの無い文章である上に長くなりましたが、

わざわざ最後までページを離れず読んで頂きありがとうございました。